国は当てにしてません

税金や年金など国が払えというものは全てきちんと支払っています。ただ疑問があります。年金をきちんと納めても自分が年を取った時に国はきちんと面倒を見てくれるのでしょうか。税金はきちんと活用されているのでしょうか。国民は多かれ少なかれこの疑問と国への不満を持っています。文句も言いたいですが、一国民が何かを訴えたところで何も変わらないでしょう。諦めに近いのが悲しいです。国は当てにせず自分のことは自分で出来るように今からお金貯めます。

ブラックでも借りられる金融なんてありますが、これも国がキチンとした弱者救済をしないから多重債務者がどんどん増えていっているんだと思います。格差社会の底辺の人たちは自分たちでそうなることを選んだとは思いますが、国はこういうところにもキチンと目を向けてほしいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*